ソードアート・オンライン好きのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冴えない彼女の育てかた♭」 3~4話 感想

<<   作成日時 : 2017/05/06 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「冴えカノ♭」3~4話の感想になります。

2~4話は詩羽先輩の当番回だったわけですが、見事に恵に持っていかれてましたね。

それは原作からして、そういう流れになってたので、アニメ化に際して恵の出番を増やしたとかではないですよ。

《3話》

まずは3話の感想から。

3話はキャラクター数が多かったですね。

いつものサークルメンバーに加えて波島兄妹、喜彦、icy tailの皆さんが登場してました。

冒頭は波島兄妹が登場してましたが、この頃から恵と伊織の会話が無かったんですね。

英梨々と出海のあれやこれやがありつつ、倫也は詩羽先輩のゲームシナリオには欠陥があると遠回しなアドバイスを受けました。

こういうシーンを見ると、伊織は謎の大物感があるなと思います。

詩羽先輩シナリオのどこに問題点があるのか探すことになって、何故か倫也よりも恵の方が張り切ってました。

でも、恵は急にやる気をだしたというわけでもないんですよね(1期の11話ぐらいで英梨々の家に泊まり込みでスクリプト作業してくれたりしてましたから)。

その後は当然のように倫也の家で1泊してましたけど、両親公認の仲なんですかね?

カバンに合鍵が入ってることも2話で判明したりとか。

恵ルートまっしぐらですよね、本当に。

どうなってるのかは原作最新刊読んで知ってますが、ここでは言いません。

そして、満を持してicy tailの登場です。

出番自体は少ないですが、それぞれちゃんとキャラが立ってるのは、やっぱり丸戸さんは凄いという結論になりますね!

原作のどこかに書いてあるんですけど、icy tailの中で唯一エチカだけが彼氏持ちなんです。

だから、デートの約束があるとわかった途端にみんな冷たい態度をとってたんですよ。

倫也が美智留たちと交渉してる間に、恵が英梨々にパソコンを借りに行くシーンがありましたが、これは多分アニメオリジナルだったと思います。

5話以降が英梨々回になってくるはずなので、それに向けての伏線ですね。

みんなの協力があってなんとかシナリオをゲームに組み込み、倫也が気づいた詩羽先輩のシナリオの問題点は何だったのかは4話に持ち越しでした。

倫也が詩羽先輩にリテイクを出して終わるという引きは良かったです。

3話は詩羽先輩回というわりには、詩羽先輩の出番はほとんど無かったですね。


《4話》

4話は詩羽先輩の下ネタが炸裂したり恵に持っていかれたりとか色々ありましたけど、真面目にゲーム制作をするのがメインになっていて面白かったです。

まずはOPの前の倫也と詩羽先輩のやりとりについて。

倫也としては普通にゲームの話をしてたつもりだろうから、あんな風に詰め寄られても困惑するしかないですよね。

その一方で、恵は詩羽先輩が第2稿のシナリオに込めた想いに気が付いて倫也に報せようとしてくれてました。

いざ屋上に行ってみると倫也たちが痴話喧嘩っぽいことをしてたから、すっと帰ってしまうのも仕方ないと思います。

続いては、メイド喫茶(詩羽先輩のクラス)での会話について。

ここで詩羽先輩のシナリオのどこに問題があるのか説明がありましたが、要は小説を書くときと同じ要領で書いてしまっていたということです。

ギャルゲーのテキストは薄味ぐらいが丁度いいと倫也が言ってましたが、確かに背景も用意してあるし、会話中心にしても問題ないんでしょうね。

この4話で1番驚いたのは、倫也にシナリオを否定されて詩羽先輩が泣き出すシーンです。

原作でも泣いてたけど、あそこまでマジ泣きして無かったはずです、記憶が正しければ。

こちらの言い分がどれだけ正しかろうと女性を泣かせてしまった時点で男としてはアウトになってしまうんですよね。

あれやっちゃうともの凄い罪悪感が残ります。

倫也もあたふたしてましたけど、実際ああいう感じになりますね。

その後は、倫也の家でシナリオの修正と新ルートの追加作業をしてました。

4話のタイトルが2泊3日の新ルートになってましたしね。

倫也の言う何の憂いもないハッピーエンドだと賛否両論あるんだろうけど、個人的にはアリだと思います。

作業の合間に詩羽先輩がお風呂に入るシーンがあって、そこでも泣いてるんですけど、 原作の口絵とは真逆と言ってもいいぐらいの改変だと思います。

倫也に間接的にフラれたということを原作読んでない人にも理解しやすくしたかったのかもしれません。

お風呂上がりに胸元がはだけていたのは完全にサービスシーンですね。

倫也の絶叫も聴けたりして面白かったです。

新ルートのシナリオも完成し、TAKI UTAKOという合作のペンネームまで出来て、あとは詩羽先輩とくっつくだけなのに倫也君は行かなかったですね。

あいつの頭おかしいんじゃないかと思わないでもないです。

そういえば、喜彦は姿だけなら4話にも出てましたね。

恵に倫也の居場所聞かれたっぽいシーンとキャンプファイヤーの準備のときに居ました。

恵と詩羽先輩が2人で屋上にいるシーンがあって思ったことなんですけど、やっぱりあの2人はあんまり仲良くないんじゃないかと。

アニメではカットされてましたが、恵の方から微妙に喧嘩売ってるような発言があったりしたんです。

最後は瑠璃を演じた恵と倫也がフォークダンスをして終わりますが、恵の髪型がロングになったことで印象に残るシーンになってました。


《次回以降》

多分ですけど、
原作6巻:3話
ガールズサイド1巻の後半部分:1話
原作7巻:3話 という構成になると思われます。

ガールズサイドのエピソードがどこに入ってくるのかは、ちょっとわかんないです。


詩羽先輩に関しては、「恋するメトロノーム」というコミカライズに一縷の望みを託します。

この前試し読みしてみたら、かなり面白かったので、今度買って感想を書きたいと思います!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「冴えない彼女の育てかた♭」 3~4話 感想 ソードアート・オンライン好きのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる